近鉄 ホールディングス アルバイト採用情報

ファミリーマート
コンビニスタッフ(アルバイト)
Kさん 勤続3ヵ月

学生
  • 時給と駅ナカの店舗が魅力
    時給と駅ナカの店舗に魅力を感じ、
    近鉄リテーリング運営のファミリーマートへ。

    ファミリーマートのアルバイト求人情報に応募して3ヵ月ほどになります。以前は地元のコンビニで勤務していました。3回生のとき一度就活のためアルバイトをやめたのですが、無事内定をいただきアルバイトをまた始めることにしました。求人誌や求人サイトを探して見つけたのが、上本町駅の駅ナカファミリーマートの求人です。以前働いていたコンビニも人間関係は悪くはなかったのですが、卒業までに貯金をしたいと考えて、時給の高いところを探しました。大学への通学途中だったこともあり、ここで働くことを決めました。
    前のコンビニはオープニングスタッフとして入社したので、社員の方にかなり厳しく接客を指導されました。いま振り返ると、あの時給で結構厳しかったなと思いますが(笑)、そのおかげで接客の技術を身に付けることができたと思います。
    今の勤務先である上本町駅のファミリーマートは、近鉄グループが運営する店舗です。そのことに気が付いたのは入社時のオリエンテーションで、近鉄リテーリングのeラーニング映像を見たとき、初めて近鉄のお店なんだと分かりました。近鉄は僕にとってとても身近な存在で、電車がなければどこにも行けません。また近鉄は駅員さんがとても親切な印象があり、そのグループ企業が運営していることは好印象でした。
    実はアルバイト情報を探していたとき、現在の店舗に惹かれたもうひとつの理由が“駅ナカのお店”ということだったのです。特別鉄道が好きというわけではなくて、駅の中の雰囲気がとても好きなんです。駅というさまざまな目的を持った多くの人たちが集まる場所。そこで働くのも悪くないと思い、求人への応募を決めました。

  •  敢えてこの駅ナカ店を選びました
    忙しい方が時間が経つのも早く感じますし、
    敢えてこの駅ナカ店を選びました。

    僕の勤務時間は主に9時から17時までで、まずは朝一でレジに入ります。1時間くらいで朝のピークが終わりますので、その後はバックヤードでの作業に入ります。まずは商品の検品。発注した通りに商品が届いているか機械を使って確認します。これが終わると、2~3人のスタッフで商品を一気に棚に並べるなど品出しをしていきます。
    品出しは、店内通路の一部を商品でふさぐことになりますから、時間との勝負です。これが終わるとウォークイン冷蔵庫での飲料補充作業があります。缶やペットボトル飲料の補充を行うスペースは商品を冷やす大きな冷蔵庫になっていますので、冬場などはかなり冷えますね。商品補充でウォークイン内の棚の在庫がなくなると、その在庫を別の倉庫から補充する作業も行います。
    検品と品出しは朝と夕方の2回ありますので、アルバイト・パートスタッフにとってはかなり作業時間を取られます。それだけ大事な業務だと言えるでしょう。もうひとつ、重要な作業が退勤前のレジ点検です。レジの中のお金が合っているかの確認作業なのですが、違算が出たらどうしようかと、これはいつになっても緊張しますね。
    鮮度管理も重要な業務です。おにぎりなど棚の商品の消費期限をチェックして、期限に近付いた商品は一定のタイミングで回収を行います。ファミチキなどの揚げ物を作るのもスタッフの役割です。人気の商品で購入されるお客様も非常に多いので、なくなってきたらすぐに揚げて常に商品を切らさないように注意しています。
    駅ナカ店は普通の店舗と違い、電車が到着すると必要なものを求めるお客様が一気に来られて、少しすると客足が引いて、また電車が到着してお客様がどっと来られてという繰り返しです。忙しさはありますが、忙しい方が時間の経過も早く感じますし、僕にとってはその方がありがたいです。上本町駅は近鉄の中心のような駅ですから、きっと忙しい店舗だろうと考え、敢えてこの店舗を選びました。

  • 外国の方の利用も多い駅ナカ店
    外国の方の利用も多い駅ナカ店。
    お役に立てればと頑張って話し掛けています。

    現在のファミリーマートでアルバイト勤務を始めたばかりの頃なんですが、いつも通りにレジ業務をしていて、「ありがとうございました」と頭を下げたら、「完璧ですね」とお客様に言われたことがあるんです。「えっ?」っとビックリしたんですが、後からジワジワと嬉しくなりました。特に意識してレジ業務を行っていたわけではないのですが、「完璧」という言葉は初めて言われたので、とても記憶に残る出来事になりました。
    上本町駅は外国人の方の利用も多く、店舗にもたくさんの外国人の方がお見えになります。自分が海外でコンビニに寄ったときのことを考えると、きっと外国のお客様も不安な気持ちを持ってレジに来られていると思うんです。少しでも助けになったらと思い、英語で頑張って話し掛けています。言葉が伝わったと感じたとき、笑顔を見せてくれたとき、やっぱり嬉しくなりますよね。
    駅ナカの店舗で大変なのは急いでいるお客様が多いことです。タバコの銘柄など結構覚えづらくて、番号ではなく商品名で注文されると、最初の頃は焦ってしまいました。電車を待っているお客様の表情を見たときはますます焦ってしまって・・・。その気持ちを表に出さずに落ち着いて応対することが大事です。
    接客については褒めていただくことも多いのですが、同じコンビニでも会社が変わると勝手が違うところもあって、1つ1つの作業スピードでまだまだと感じる部分が多くあります。もっと作業をテキパキとこなせるようになることが、今後の目標です。

  • 優しくサポートしてくれる先輩スタッフ
    優しくサポートしてくれる先輩スタッフ。
    この優しさが近鉄リテーリングの特徴だと思います。

    今の店舗では、周囲のスタッフに多く助けられています。とにかく優しくサポートしてくれる社員さんが多くて、働くうちに、これは運営元である近鉄リテーリングという会社の特徴なんだと感じるようになりました。初めてコンビニで働く人など、色々と不安も感じていると思うのですが、近鉄リテーリングが運営するファミリーマートでのアルバイトなら、きっと安心して働くことができると思いますよ。
    シフトの管理がとてもしっかりしていますし、希望の休みはしっかり取れます。学業との両立を心配される学生の方には特にオススメしたいですね。前に働いていたコンビニもそうでしたが、スタッフが少なく、体調を崩しても休みの申告がしづらい店舗が多くある中、近鉄リテーリングが運営するファミリーマートでは、欠員の穴をしっかり埋められる体制ができています。アルバイト・パートスタッフからすると、とても働きやすい環境だと思います。
    就職活動ではメーカー系の営業職で内定をもらうなど、企業側からしっかりと評価をいただいています。コンビニのアルバイトで多くのお客様の接客・応対をしてきましたが、この経験が少なからず生きていると感じています。接客レベルの高いアルバイトは就職活動でも役に立つと思いますね。コンビニのお仕事は業務内容が多岐にわたるため、人によってストレスを感じることがあるかもしれませんが、その中でお客様に笑顔で接客をすることは将来の自分にとって大きな糧になるはずです。

もっとインタビューを読む

近鉄で働く先輩たち
近鉄百貨店で働く先輩たち
近鉄百貨店
近鉄百貨店スタッフインタビュー1 近鉄百貨店スタッフインタビュー2 近鉄百貨店スタッフインタビュー3
近商ストアで働く先輩たち
近鉄ストア
近鉄ストアスタッフインタビュー1 近鉄ストアスタッフインタビュー2 近鉄ストアスタッフインタビュー3 近鉄ストアスタッフインタビュー4